エッチなおやじの独り言

エッチなおやじ(40)が、ついつい独り言を放ってしまいます。

横浜のハプニングバーは超絶スゴイと話題だ。

   

オタク的な趣味は実際の婚活において特に支障になることは無いようです。その理由は、男女ともにオタクな趣味を持った人が多いためです。オタク同士の交際は、かえって相手の趣味に理解がありますし過干渉の心配も少ないため、結婚を考えるのならば意外とねらい目なのです。結婚後に問題にならないよう、オタク趣味を公言した上で趣味の合う人を探すのが、賢明な判断だと言えます。結婚を考え、婚活サービスに登録するならば顔写真を公開することは避けられません。写真は自分の容姿を伝えるために重要なものですが、実物と極端に違ってはいけません。いくら写真の容姿が整っていても、現実と違っていれば相手は嘘をつかれたと感じて落胆したり、怒りを覚える人もいます。すると、今後の付き合いは難しくなると言わざるを得ません。今話題のネット婚活。利用してみようと思ったとき、頭を抱える方が多いのは、数多くのサービスが乱立する中、果たしてどれを選ぶべきかの部分ですよね。では何で調べるかというと、一番は、WEB上で寄せられる口コミやレビューです。一人だけではなく沢山の人の声を集めた場所こそ、情報源としての信頼性は高いといえます。勿論、現実にそのサイトを利用した人が多いので、有料で登録してしまう前にチェックしておきましょう。何か月か前ですが、ハプニングバーで紹介された男性とデートすることになりました。見た目も私好みで、優しい性格でもあったので、私の婚活も報われるかもしれないとぬか喜びしていたら、なんと、彼は経歴を詐称していたのです。彼の経歴を頼りにしていた私はショックでした。しかし、彼の学歴や収入が大したことないと分かっていたら、会いたいと思うこともなかったかもしれないと考えると、自分は条件で異性を見ているのだなと思って嫌になります。婚活で出会った後、どれくらいの期間付き合って結婚に至るのか気になりますが、答えは人によって全く違います。具体的には、一、二回会ってみて結婚を決めてしまう方もいれば、長期間付き合いを続けて結婚した方もいるのです。でも、婚活は恋愛をするのではなく結婚するのが目的です。お互いの時間を無駄にしない為にも、あまりにゆっくりした交際は止めておきましょう。長くとも1年の内に決断するのが、お互いにとって良いと思います。婚活中は、ハプニングバーへ行ったりパーティーに積極的に参加するなど様々にチャレンジしてみても理想的な人に会うことが出来ないままで、焦燥感や不安から、婚活を繰り返し、いくら続けても先が見えないと、「婚活地獄」と呼ばれる状態になってしまう可能性が高いです。婚活地獄はストレスも溜まりますし、気持ちにゆとりが無くなってしまいますから、更に条件が悪くなる悪循環に陥ってしまいますから、注意が必要です。いろいろと悩みの多い婚活ですが、意外と難しくデリケートな問題といえば、相手を断る時でしょう。下手に断ってしまうと、相手の印象も悪くなってしまいますし、場合によっては、次の婚活へも悪影響になることだってあるのです。なので、断る際には細かいフォローを忘れずに、向こうの悪いところは言わずあくまで自分のこういうところが悪いために交際できないと断るのが一番良い方法でしょう。絶対に相手側の悪いところを指摘しないようにすることが重要です。穏便に関係を断ち、新たな出会いに向けて気持ちを切り替えるのが良いでしょう。婚活の時にお世話になるのが婚活アドバイザーです。対象の方にカウンセリングに基づいた性格分析をして、婚活との付き合い方を助言してくれます。多くの方が不安になる恋愛や結婚に対する悩みはもちろんのこと、メンタルヘルスにも知識がありますので、婚活中の皆さんの心強い味方になってくれることは間違いないと思います。婚活の悩みは自分一人で抱えてしまいがちです。焦燥感やストレスからうつ病へ繋がってしまう事もありますので、悩みがあればアドバイザーに相談し、問題や不安を解消しながら婚活を続けましょう。婚活といっても簡単なことではありません。頼りになるハプニングバーに入会したところで、すぐに結婚できているわけではありません。ある人はすぐに結婚できますし、ある人は何年もできませんが、その差には何が影響しているのでしょう。真剣に婚活していても、相手に求める条件が多すぎたり、結婚後のライフスタイルにこだわり過ぎだったりしたら、それを全て叶えられるお相手がおらず、ずっと結婚できないままということがあります。相手の年収という要素を婚活中に全く無視したり、若しくは、全く気にしない方はまず居ないと思います。男女ともに婚活においては、年収をまず確認してから次の事を決めるという場合も多いですね。経済力が違えば婚活イベントの内容に制限がかかったり、対称的に、経済的に余裕のある方は、結婚に向けて比較的自由に行動できます。ですから、経済的な違いが婚活にも影響が出てくるという訳です。婚活に精を出していても進展が無いという場合、プロの婚活セミナーで学んでみるのはいかがでしょうか。印象を良くする喋り方や服装に対するアドバイス、女性であれば男性の好きなメイクの方法をスペシャリストがあなたにぴったりの方法を提案してくれます。ちょっとしたアドバイスでも実践してみると印象が随分変わりますから、一度参加してみるのがおススメです。果たして、婚活の期間はどれくらいがちょうど良いのか判断に困りますが、答えは必ずしも一つではないでしょう。婚活を始めたばかりで結婚相手を見付けることが出来る人もいれば、どれだけ経っても婚活が終わらないという場合もあります。最後に結婚出来れば婚活成功です。初めから婚活の期間を決めずに、気を長く持って少しずつ婚活をすすめた方が、後悔のない結婚が出来るでしょう。結婚が早い人と遅い人はどこで差が出るのでしょう。同じハプニングバーを利用していても、成婚が早い人というのは、お相手に求める条件として最も譲れないものを明確化できている人です。相手に多くの条件を求めてしまう方は、マッチングするだけでも一苦労ですし、条件の多さが表に出ていては逆に相手に好かれないでしょう。ですから、真剣に結婚を考えているのなら、他を譲ってもここだけは折れられないという条件を一点、相談所の人にはっきり伝えるのがいいでしょう。通常、お見合いをした場合、互いに条件に沿った相手であれば、お付き合いが始まりますし、条件や好みに合わないとなれば仲人を通じてご破談ということになるのが通例です。一方、ハプニングバーで紹介された相手の場合、スタッフさんにお願いしてお断りしてもらうのが通常でしょう。お相手に直接断りを入れるのは気まずいと感じる方も多いでしょうが、スタッフさんが間に入って自分では伝えなくても済むので、これもハプニングバーも良い所だといえます。同級生が次々と結婚していくので、私も早く婚活しなきゃ、などと思ったのは事実ですが、なかなか行動には踏み切れずにいました。どうにも踏み出せなかったのですが、でも、そんな私もようやく真剣に相手を探そうと、ハプニングバーの門を叩きました。同い年の友達から結婚の話を聞かされたのが切っ掛けでした。実は、その子も一年前に横浜のハプニングバーを利用して、理想の相手と巡り合って結婚を決めたのです。彼女の成功例を聞いたのが、登録の切っ掛けになったのは間違いありません。

 - ハプニングバー情報, 恋愛